イオンの自転車保険


イオンの自転車保険

イオンが提供している「イオンの自転車保険」の商品説明です。

「イオンの自転車保険」の概要

商品名 イオンの自転車保険
公式ページURL http://www.hokenmarket.net/partner/assi/shouhin/bicycle.html
保険引受会社 イオン少額短期保険株式会社
被保険者範囲 傷害補償は個人までだが、賠償責任は家族まで拡大
この保険の特徴・メリット
・ひったくり被害に対する補償がある
・70歳を超える高齢者でも継続加入可能(加入は69歳までにする必要あり)

名称のとおりイオンが提供している自転車保険。

自転車保険にある基本的な補償(交通事故や日常生活での事故によるケガ、賠償責任)に加え、ひったくり被害にあった場合に上限5万円までの補償が受けられるというのが特徴です。

また、自転車保険は70歳を超えると契約が強制的に終了するものがとても多いですが、これは69歳までに加入しておけば、89歳まで継続して加入しつづけることが可能となっています(ただし保険料は年齢によって段階的に上がります)。

保険料

加入形態 年齢 年額
新規加入 3~64歳 3,550円
65~69歳 4,460円
継続 70~74歳 4,920円
75~79歳 5,500円
80~84歳 6,610円
85~89歳 9,930円

プランは1つのみで、新規か継続および年齢で年額の保険料が決まります。傷害に関する補償は個人のみが対象ですが、賠償責任補償は契約者の家族までが自動的に対象となります。

保険料は年払いのみです。

補償額・付属サービス・補償対象例

入院保険金(日額) 4,000円(初日~30日まで)
通院保険金(日額) -
死亡・後遺障害保険金 -
賠償責任保険金 1,000万円
ひったくり損害保険 5万円
示談交渉 なし
保険期間 ※1 1年
補償対象例 自転車搭乗中の交通事故
日常生活中のケガ
自転車走行中のひったくり被害
自転車搭乗中にほかの人や物に対して損害を与えた場合(賠償責任)

※1:解約をしない限りは自動継続。満期日の1ヶ月前に継続案内が送付されます。

補償対象例はやや広めですが、賠償責任の補償は1,000万までと低め。入院保険金は初日から出るのはメリット。

申込方法・支払方法

加入方法

申込書を保険会社に送付するという従来的なやり方となります。まずは資料請求ページから必要な書類を取り寄せる必要があります。

支払方法

クレジットカード払いのみ。審査の際にクレジットカードの認証手続きが行われるため

スポンサードリンク